アラフォーが婚活する時のコツとは?

婚活においては、男女ともに年齢を重ねるごとに成婚率が低くなります。特に女性の場合は、アラフォーになるとかなり厳しくなります。男性であれば、年収が同年代よりも高額であれば、一回り年下の30代や20代の女性と結婚できる可能性も残っています。女性の場合は、年齢がかなりネックになってくるため、20代や30代の頃と同じ考え方、やり方で婚活をしてもなかなかお相手が見つからないのが現実です。アラフォーの婚活を成功させるコツとしては、「相手を選ぶ」のではなく「相手に選んでもらう」という考え方に切り替えることが大事です。そして、お相手に求める条件に関しては、どうしても譲れないものだけを残して、それ以外の希望条件はある程度妥協するのがコツになってきます。条件のなかには、結婚後にある程度工夫することで改善できるものもあります。具体例としては、お相手の服装のセンスが悪い場合は、結婚後に自分が服のコーディネイトをしてあげたり、センスのよい服をプレゼントしてあげるなど工夫することができます。また、相手の希望条件の内容を少し変えることもできます。たとえば、今までは初婚の相手を希望していた場合であれば、前妻との間に子供がいなければ結婚歴がある人とも結婚相手として視野にいれる方法もあります。通常自分自身が初婚の場合は、お相手も初婚であることを希望する人は多いですが、アラフォーになると年齢的に結婚歴がある人もかなり多いです。子供がいる場合は、養育費などの支払いがあることが考えられ、自分との結婚生活の家計に影響を与えますが、子供がいない場合はその点は影響がないので譲歩するのも婚活を成功させるコツのひとつです。